美しい口周り

「口周りの脱毛したくてもレーザー脱毛や光脱毛は痛そう。」
「そもそも鼻の下や、あごに多い産毛には、あまり効果がないという話も聞くし・・・。」

そこが「蓄熱式脱毛」なら、産毛の脱毛にも効果出やすくて、しかも肌に優しく、痛みも少ないんです!


なぜ蓄熱式脱毛は、そんなことができるのでしょうか?

そしてそもそも蓄熱式脱毛って?
できるお店や、料金とかも気になりますよね?


そんな方のために、この記事では蓄熱式脱毛の仕組みや、レーザー脱毛や光脱毛との違いを詳しく説明し、メリットやデメリットも含めて詳しく説明していきます。


読めば読むほど、口周り脱毛で蓄熱式脱毛を選びたくなってしまうかも!?

そもそも蓄熱式脱毛って?

SHR脱毛
(ストラッシュ公式サイトより)

蓄熱式脱毛とは、従来のレーザー脱毛や光脱毛とは違った新しい脱毛理論で施術される脱毛法です。

新しい脱毛理論とは?蓄熱式脱毛のメカニズム

蓄熱式脱毛は、肌に光線を照射して「バルジ領域」にダメージを与えることでムダ毛を抑制する脱毛法です。


バルジ領域というのは真皮に存在する、「毛を作りなさい」と指令を出す器官です。

「作りなさい」と命じられるのは毛乳頭で、そうすると毛乳頭は毛母細胞に栄養を送り込み、毛母細胞が立派な毛となるように育て上げます。


従来のレーザー脱毛や光脱毛がターゲットとしているのは、この毛母細胞です。

毛母細胞にダメージを与えて、ムダ毛を根っこからやっつけるというのが従来の脱毛理論でした。


一方、バルジ領域にダメージを与えてして「作りなさい」と指令を出せないようにしてしまえというのが、蓄熱式脱毛の新しい脱毛理論です。

つまり、従来のレーザー脱毛や光脱毛が今生えている毛を狙うのに対して、蓄熱式脱毛はこれから生えてくる毛を狙うということですね。

蓄熱式脱毛の種類

大きなくくりでは、蓄熱式脱毛とされる脱毛法には次の3種類があげられます。

  • 蓄熱式脱毛
  • ハイパースキン脱毛
  • SHR脱毛

どれもじわじわと熱を蓄積していき脱毛を図るので「蓄熱式脱毛」というわけなのですが、この3つの脱毛法には少しずつ違うところがあります。

蓄熱式脱毛

蓄熱式脱毛は、主に美容外科や脱毛クリニックなどの医療機関で、医療用レーザーを使用して行われるものを指します。

蓄熱式の脱毛法の中では、ハイパースキン脱毛やSHR脱毛よりも強いパワーでの施術を受けることができます。

ハイパースキン脱毛

ハイパースキン脱毛とSHR脱毛は、エステサロンや脱毛サロンで受けられるという点は同じなのですが、ターゲットとする組織に少し違いがあります。


ハイパースキン脱毛のターゲットは「発毛因子」です。

発毛因子とはバルジ領域から作りだされるもので、これが毛母細胞となり毛乳頭から栄養を受け取って育っていくと毛になるのです。

つまり発毛因子とは毛の種子のような存在です。


ハイパースキン脱毛はこの発毛因子を攻撃することで、ムダ毛の種子が芽を出さないうちに断ち切ろうという脱毛法です。

SHR脱毛

一方、SHR脱毛はバルジ領域だけに留まらず「毛包」まで狙います

毛包というのは毛を作りだす組織全体のことで、毛乳頭や毛母細胞も毛包に含まれます。


仮に指令塔であるバルジ領域が弱らなくても、毛包が機能しなくなっていれば毛の種子に栄養が渡ることはありません。

うっかり取り残したムダ毛の種子が育つことも許さない、SHR脱毛は全方位包囲型の脱毛法ともいえますね。

蓄熱式脱毛は従来のレーザー脱毛や光脱毛とココが違う!

医療機関で施術されるレーザー脱毛と、エステサロンや脱毛サロンで受けられる光脱毛。

肌に照射する光線の強さに違いはありますが、どちらもメラニン色素に反応して熱を加える光線です。

ですから色の濃い太い毛(ワキやVIOなど)には非常に効果的ですが、産毛のような細くて色素の薄い毛には反応が鈍くなり、脱毛効果が得られないことが多いのです。


一方蓄熱式脱毛はじわじわと熱を溜めこんでバルジ領域を破壊する方法。

メラニン色素には左右されないので、産毛でもしっかり脱毛できるのです。


そして高い温度でバチッと一発光線を照射するレーザー脱毛や光脱毛に対して、蓄熱式脱毛は低めの温度の光線をじわりじわりと、何度も連続で照射します。

温度が低く刺激が少ないという点だけでも、蓄熱式脱毛にはたくさんのメリットが生まれます。

では次は、蓄熱式脱毛のメリットとデメリットについて見ていきましょう。

蓄熱式脱毛のメリットとデメリット

マルバツ

蓄熱式脱毛のメリットとは

痛みが少ない

レーザー脱毛や光脱毛のターゲットとする毛母細胞は、皮膚の深いところに存在しています。

ですから波長の長くて強い光線を照射しなければ、ターゲットにダメージを与えることができません。


一方蓄熱式脱毛が狙うバルジ領域があるのは皮膚の浅いところです。

ですから45~50℃の「温かい」程度の温度の光線で攻撃できるので、痛みの程度はかなり低く抑えられます

もちろん痛みの感じ方は人それぞれですし、脱毛する場所や毛の太さ、濃さによっても変わってはきますが、レーザー脱毛や光脱毛と比べると鼻の下や口周りの脱毛には適した脱毛法といえます。

産毛脱毛にも効果あり

メラニン色素に反応するレーザー脱毛や光脱毛では、色素の薄い産毛にはなかなか効果が出ませんでした。

しかし蓄熱式脱毛に色素は関係ありませんので、産毛にもちゃんと効果が現れます

これが、産毛脱毛には蓄熱式脱毛といわれる理由なのですね。

肌トラブルが少ない

レーザー脱毛や光脱毛では、強い熱量の光線を照射するので火傷や皮膚炎などの肌トラブルが起こることがあります。

しかし蓄熱式脱毛では使用されるのは低い温度の光線ですので、肌トラブルの可能性もかなり低く抑えられます

万が一炎症などが起こったら、と考えると、フェイスラインなど目立つ場所の脱毛には蓄熱式脱毛が安心ですね。

敏感肌の方や、子供でも施術可能

蓄熱式脱毛は子供でも受けられるといわれるほど刺激の少ない脱毛法ですので、肌質が敏感でレーザー脱毛や光脱毛が受けられなかった方でも受けられる可能性があります。

今まで諦めていた方でも、クリニックやサロンに相談してみてはいかがでしょうか。

日焼けしていても大丈夫

メラニン色素に反応する従来のレーザー脱毛や光脱毛は、日焼けをした肌の色やシミやほくろの色素にまで反応してしまい、火傷の恐れがあります。

ですから日焼けをした肌への脱毛はNGとされていました。


でも蓄熱式脱毛ならメラニン色素に関係のない脱毛理論ですので、ある程度の日焼け肌なら大丈夫

シミやほくろのある肌でも、安心して脱毛できます。

硬毛化、増毛化が起こりにくい

硬毛化、増毛化というのは、脱毛したはずのムダ毛が濃くなってしまったり、増えてしまったように見える現象です。

レーザー脱毛や光脱毛の副作用の一種で、産毛を脱毛したときに時折現れます。


硬毛化や増毛化の原因はまだはっきりとは分かっていませんが、有力な説とされているのは、照射した光線のパワーが不十分だったために毛根が逆に活性化してしまうというものです。

産毛はメラニン色素が薄くて光線の反応が鈍るので、硬毛化、増毛化が起こるのではないかと言われています。


しかし蓄熱式脱毛は元々強いパワーに頼った脱毛法ではありません。

ですから硬毛化や増毛化の心配はほとんどなく、産毛でも安心して施術を受けられる唯一の脱毛法です。

打ちもれの可能性が低い

レーザー脱毛や光脱毛はバチンバチンと1か所に一発ずつ光線を打ち込んでいきますが、蓄熱式脱毛は照射ヘッドをするするとスライドさせていく施術法です。

ですから光線の打ちもれが起こる可能性が低く、施術した場所まんべんなく脱毛効果を発揮することができるのです。

施術時間が短い

蓄熱式脱毛の施術は、脱毛器の照射ヘッドを肌に当ててするするとスライドさせていきます。

バチンバチンと1ヶ所に一発ずつ光線を打ち込んでいくレーザー脱毛や光脱毛に比べて、短時間で施術が終わります。

料金が安い

短時間で終わるのでクリニックやサロンでも低価格で施術できるのが魅力的です。


こうしてみるといいことばかりのような蓄熱式脱毛ですが、残念ながら全くデメリットがないわけではありません。

次は蓄熱式脱毛のデメリットについて説明していきます。

蓄熱式脱毛のデメリット

無敵の脱毛法に思えた蓄熱式脱毛にも次のようなデメリットがあります。

実績が少ない

蓄熱式脱毛がターゲットとするバルジ領域が発見されたのは2000年のことで、蓄熱式脱毛はまだまだ歴史の浅い脱毛法です。

ですからレーザー脱毛や光脱毛に比べると実績は非常に少なく、今脱毛された肌が20年後にはどうなっているのか、まだはっきりとは分からないのです。


おそらく破壊されたバルジ領域が復活することはないだろうといわれていますが、検証ができていないため絶対とは言い切れないのが実情です。

効果が出るのが遅い

蓄熱式脱毛は今生えているムダ毛をなくすのではなく、これから生えてくるムダ毛を抑える脱毛法です。

ですからレーザー脱毛や光脱毛のように施術したあとムダ毛がポロポロ取れることもなく、結果が表れてくるのは2~3週間後になります。


このせいで「効果がない」と口コミされることもあるくらいですので、脱毛効果が表れるまで長くは待てない方には、蓄熱式脱毛よりもレーザー脱毛や光脱毛をおすすめします。

蓄熱式脱毛での口周り脱毛にかかる料金と回数は?

料金の計算
※「口周り」でプランを提供しているサロン、クリニックはほとんどありませんので、「鼻下」+「アゴ」の2パーツで申し込むのが基本になります。

クリニックの場合

クリニックでの蓄熱式脱毛では、鼻下とアゴへの施術は1回1万円前後に設定されているところがほとんどです。

そして口周り脱毛の効果が見えるまで6~10回の施術が必要です。

サロンの場合

一方脱毛サロンでの口周り脱毛では、ハイパースキン脱毛でもSHR脱毛でも1回2,000円から3,000円の設定になっています。

そして効果が見えるのは10~12回の施術後です。

回数・料金をまとめると?

クリニックでの蓄熱式脱毛ではおよそ6~10回で10万円ほど。
脱毛サロンでは10~12回で3万円ほど。

口周りを満足できる状態に脱毛できる目安はこんな感じです。


お値段で考えるなら圧倒的に脱毛サロンですね。

少ない回数で終わらせたいという人は、クリニックも選択肢にしても良いでしょう。

蓄熱式脱毛が受けられる!おすすめのクリニック&サロン

医療用レーザー使用で脱毛効果の高いクリニックと、低めの料金設定で通いやすい脱毛サロン。

どちらもそれぞれのメリットがあり、迷ってしまいそうですね。


おすすめのクリニックとサロンの特徴と口周り脱毛の料金をご紹介しますので、ぜひ参考にして下さい。

蓄熱式脱毛が受けられるおすすめサロン

ストラッシュ

ストラッシュ

高品質で低価格をモットーとするストラッシュは、医療関係者が選ぶ脱毛サロンNo.1に選ばれた実績があります。

最新のSHR脱毛マシーンで2往復4回照射することで、脱毛効果もしっかり得られます。


月額制やパックプランもあるストラッシュの料金プランの中で、口周りの脱毛におすすめなのは「Sパーツ脱毛12回分」です。

顔や身体の小さなパーツ全17箇所から選べて組み合わせは自由自在なこのプランで、鼻下とアゴを選べばそれぞれ6回ずつの施術が可能。

口周り脱毛6回コースともいえるこのプランなら32,010円で受けられます。

ラココ

La coco(ラココ

ラココは脱毛機のメーカーが完全プロデュースした脱毛サロンです。
ですから低価格で安全な脱毛技術を提供できるのです。

SHR方式のルミクス脱毛。併用するコラーゲンジェルの力で美肌効果も期待できます。


口上、口下でそれぞれ1回3,240円ですが、月3,000円から好きな部位を好きなだけ選べるオーダーメイド脱毛というプランもあります。

お得に口周り脱毛を始めるチャンスかもしれませんね。

ディオーネ

ディオーネ

ディオーネではハイパースキン脱毛を取り入れています。

体感温度は38℃という3歳の子供から使用できる程優しい光線にはコラーゲン生成をサポートする働きも含まれていて、美肌効果も抜群です。


ディオーネでの口周りの脱毛は鼻の下とあご、全12回コースでそれぞれ25,920円

そんなに多くは必要ない方には6回で終了のショートコースも用意されています。
ショートコースはそれぞれ16,200円です。

蓄熱式脱毛ができるおすすめのクリニック

聖心美容クリニック

聖心美容クリニック

聖心美容クリニックで使用されている「ソプラノアイス・プラチナム」は、SHRモードの蓄熱式脱毛です。

つまり医療用レーザーでありながら毛包までターゲットにしています。


しかもソプラノアイス・プラチナムは、カウンターで熱量を計測しながら照射できるので、熱量を与えすぎることなく、痛みも少なくすむのです。

聖心美容クリニックでの口周り脱毛の料金は、鼻下、アゴそれぞれ1回7,560円。5回で30,240円です。

リゼクリニック

リゼクリニック

CMでもおなじみのリゼクリニックでは、3種類のレーザー脱毛を取り扱っています。

蓄熱式脱毛の他、いわゆる従来のレーザー脱毛で波長の短いダイオードレーザー脱毛と、波長の長いYAGレーザー脱毛です。


リゼクリニックでは脱毛機の指定はできませんが、カウンセリングの上で医師がその人にぴったりの脱毛法を選んでくれます。

どこをどのように脱毛したいか、カウンセリング時にしっかり伝えることで安心して施術が受けられます。


リゼクリニックでの口周りの脱毛は「鼻下+アゴ」のセットとして料金設定されていて、5回コースで59,800円です。

また一部の院限定ではありますが、「トライアル5回プラン」として鼻下の脱毛が4,900円で受けられるお得なプランも用意されています。

まとめ

顔の産毛を脱毛すれば、自己処理の手間が無くなるだけではなく、肌は明るく化粧乗りも良くなり、ニキビや肌荒れも解消します。

何よりも気がかりだった口周りの産毛が無くなれば、気持ちが軽くなりますね。


蓄熱式脱毛は産毛脱毛に最適の脱毛法。

気になるクリニックやサロンに一度カウンセリングに行ってみてはいかがでしょうか。