電動シェーバー

カミソリほか自己処理の方法はどれもお肌への負担が強くオススメでないことはこちらの記事でも説明した通りです。

後悔したくないなら口周りの脱毛にはサロンやクリニックの方法が最適です。

でも、中高生の人達のように「そんなお金は今はない!」という人も多いですよね。

そんな方達が「しばらくの間をしのぐ」ためにオススメの自己処理方法が電動シェーバーになります。

(※電動シェーバーも長く続けているとカミソリのような肌トラブルは起こるので、当面をしのぐ方法であることにご注意ください)

電動シェーバーがまだマシな理由

電動シェーバーがまだマシなのは、他の自己処理の方法よりはお肌への負担が少ないからです。

大抵の顔そり用のシェーバーはガードが付いていて、小刻みに動くことでお肌への負担を抑えて処理することができます。

自己処理の方法の中で言えば、お肌への負担は最も少ないでしょう。

サロンやクリニックに行く前の事前処理でも電動シェーバーが推奨されています。
(ただし長期間使うのは肌への負担がかかるのでオススメはしません)

口周りにオススメの電動シェーバーは?

オススメなのはパナソニックの「フェリエ」
本体代2000円前後+単四電池1つだけで使うことができます。

コンパクトで持ち運び可能なので、出先でも困りません。
眉用のコームもあるので、これ1本で顔全体のお手入れができますよ。


↓Amazonならコチラ

パナソニック フェイスシェーバー フェリエ 白 ES-WF40-W

新品価格
¥2,350から
(2018/2/7 17:15時点)

↓楽天ならコチラ

フェリエの使い方

口周りの処理後はアフターケアを忘れずに!

電動シェーバーは軽いとは言っても肌の表面への負担はあります。

そのため処理後は適切なアフターケアを行い、肌荒れなどのトラブルを抑えることが大切になります。

特別なケアは必要ありませんが、日頃行っているような保湿などのスキンケアを処理後に行うようにしましょう。

まとめ

電動シェーバーは他の自己処理の方法に比べると「まだマシ」なだけというのはしっかり覚えておいてくださいね!!

少ないとは言ってもお肌への負担はかかりますので、ずっと続けていればお肌の負担は蓄積していきます。

お肌のことを考えるなら、やはり自己処理を減らして、美肌効果も期待できるサロンやクリニックの脱毛がオススメです。