口周りの医療脱毛の不安・疑問を全部解決

口周りのムダ毛を医療脱毛したい.
だけど口周りは肌が敏感なので、レーザーはちょっと怖いし不安

それに口周りの脱毛は何回ぐらいで終わるの?料金は?


医療脱毛が良いと聞いても、色々と不安があると一歩がなかなか踏み出せませんよね?


そんな口周りの脱毛の不安や疑問を解決すべく、口周りの医療脱毛について徹底調査

長年の口周りの青ひげや濃い毛の悩みを、医療脱毛でスッキリ解決しましょう!

口周りの医療脱毛の回数は「最短5回」で完了!

口周りを脱毛してキレイな女性

医療脱毛だと口周りの濃い毛なら5回程度で完了し、ほとんど自己処理がいらない状態になります。


ただし医療脱毛であるレーザー脱毛は毛の色素(メラニン)に反応させる仕組み。

毛の色が濃いほど効果も出やすいですが、色が薄い産毛のような毛は多少時間がかかります。

産毛までカンペキにキレイにしたいなら8~10回ぐらいを見ておくと良いでしょう。


ちなみにエステサロンの光脱毛だ、は医療脱毛に比べて威力が落ちるので、完了するまでに要する回数も濃い毛で10回程度、薄い毛で18~20回ほどかかってしまいます。


医療脱毛はエステサロンの2~3倍の威力があるので、回数もエステサロンの半分から3分の1と少なくて済みます。

「ずっと通ってるのにまだしつこく生えてくる」と、エステサロンからクリニックに乗り換える人も少なくありません。

口周りの医療脱毛の料金3万~でOK!

料金のシンボル

口周りは大抵のクリニックでは「鼻下」と「アゴ」の2箇所を合わせて脱毛するようになります。
(一部に口周り専用プランのあるクリニックもあり)

口周りの医療脱毛の料金は、5~8回分だと相場としては3~6万円ほどになります。

口周りは範囲がせまいので料金も他の部位に比べるとお手頃です。


一方、エステサロンは12~18回で4~6万円ほど。

エステサロンは1回あたりの料金は安いですが、結果的に回数が多くなるため、トータルの料金はクリニックとほとんど変わりません

それなら最初から回数が少なくてすぐに終われるクリニックにしようと言う人も多いです。

医療脱毛だと口周り痛い!けどスグ終わります

口周りの脱毛をする女性

口周りの皮膚は敏感だから痛みが気になりますよね。

医療脱毛のレーザーは、パワーが強い分、痛みも強いです。
ここは医療脱毛のデメリットですね。


一般的に痛みを感じやすい所は、

・濃い毛が密集している所
・皮膚が薄い所
・骨に近い所

となります。

口周りの中では皮膚が薄く、中には濃い毛も生えている所もある鼻下が一番痛みを感じやすいです。


痛いと聞くと、ちょっと心配になりますよね?

でも、口周りは意外と範囲が狭いので、施術もあっという間に終わってしまいますので、そこまで心配は要りません。

痛みもゴムでパチンとはじかれる程度で、施術中ずっと痛みが続くわけではないので、我慢できる人がほとんどです。

痛みを軽くする対応もあるので安心です

また基本的な痛み対策として出力の調整や冷却(クーリング)が行われます。
冷却装置付マシーンなら痛みも抑えられ、口周りの脱毛に最適です。

医療脱毛なら、痛いのが苦手な人は麻酔も利用できます。
(※麻酔には別途料金がかかります)

口周りは特に乾燥しやすいので、要注意です。
肌が乾燥していると照射時の痛みが強くなってしまいますよ。
脱毛するなら保湿ケアに気をつけましょう。

↓口周り脱毛の痛みに関してもっと知りたい人はこちらへ

医療脱毛の副作用・リスク

軟膏

医療脱毛は威力が強いので、肌トラブルにつながることもあります。

先にリスクについて知っておけば予防や対処ができますので、医療脱毛を受ける前に知っておきましょう。

比較的起こりやすい

赤み・炎症性浮腫(むくみ)

レーザーを当てた直後はほてったような赤みや点状のむくみがほとんどの場合に見られます。
これは、時間がたつと自然に治るので安心してください。

症状が出た場合は、クリニックでもらう炎症止めの薬を使うと良く効きますよ。

まれに起こる

毛嚢炎

毛嚢炎は毛穴に雑菌が入り炎症を起こします。
見た目は白ニキビのような感じです。

まれに発生する肌トラブルですが、肌を清潔にしてクリニックでもらえる軟膏をつけておくとすぐに治ります。

増毛化・硬毛化

こちらは肌トラブルなどの症状ではありません。

医療レーザー脱毛を受けた人の10人に1人程度の割合で起こる副作用に増毛化、硬毛化があります。

レーザーが原因で毛が太く硬くなるのが硬毛化、増えるのが増毛化になります。


回数を増やしたり、機械を変える、照射パワーを変えるなどで対応することができます。

増毛化・硬毛化の無料保証があるクリニックだと安心です。

打ち漏れ

打ち漏れもまれにありますが、こちらも無料で再照射してもらえるクリニックなら安心です。

顔の脱毛はむずかしく、高い技術力がいります。顔脱毛を得意としているところや経験豊かな看護師さんがそろっている所を選ぶと◎。

口周りをサロンより医療脱毛にするメリットは?デメリットはある?

マルバツ

エステサロンと迷われている人向けに、医療脱毛とエステサロンのメリット・デメリットをまとめてみました。

医療脱毛 エステサロン
メリット ・効果が高い>>>回数が少なくて済む(料金も以外と安い)
・肌トラブル時の対応が安心
・痛い時は麻酔を使える
・料金が安いので気軽にできる
・痛み、肌への負担が少ない
・店舗数が多くアクセスがよい
・美肌ケアが多い
デメリット ・人気のクリニックは都心部に集中している
・エステサロンに比べると痛みや肌への負担が大きい
・クリニックに比べると効果が低いので時間がかかる
・回数が増えるので費用がかさむ
・永久脱毛じゃないので再発する可能性がある

医療脱毛は効果が高い分、痛みや肌への負担があります。
でも、回数が少なくて済むので料金も抑えられます。
いざという時のトラブル対応もスムーズで安心です。

エステサロンはほとんど痛みはありませんが、その分効果も落ちるので時間もお金もかかってしまいます。
特に口周りの産毛は時間がかかるので、レーザー脱毛の方がオススメです。

おすすめのクリニックは?

口周りの脱毛に向いているクリニックは、

  1. 痛みが少ないレーザーを使っている
  2. 口周りの料金が安い
  3. ある程度有名で実績も豊富

といった条件に注目すると良いでしょう。


特に敏感な口周りの場合、1の「痛みが少ないレーザー」は大事なポイントです。

↓口周りの医療脱毛に向いているクリニックはこちらで特集していますので参考にしてください。

口周り脱毛の事前処理はここに気を付けて

施術の前日には事前処理が必要です。
具体的には、伸びている毛を数ミリ程度までカットする必要があります。
(それほど長くない人は処理しなくて良い場合もあります)

事前処理で一番のオススメはフェイス用の電動シェーバーです。
カミソリは皮膚の表面に細かい傷がついてしまうので、オススメできません。

また、毛抜きやワックス、テープなどもNGです。毛根に毛が残った状態でないと、レーザーの効果が出ません。
なので、施術前に毛を抜くのは絶対にやめてくださいね。

口周りの脱毛の日は、メイク大丈夫?

当日のメイクは、施術前にクリニックで落とすことができるのでメイクして行っても大丈夫です。

たいていのクリニックにはパウダールームがありますし、メイク落としやスキンケア用品を置いている所がほとんどなので、メイク用品だけ持っていけばOKです。


口周りだけの脱毛ならアイメイクやまつエクはそのままでできます。

でも、肌にメイクが残っているとレーザーの効果が落ちてしまいますし、落とすことを考えると、当日は軽めのメイクのほうがいいですね。

帰りも肌が敏感になっているので、フルメイクはおすすめできません。
ノーメイクか、ぬっても日焼け止め程度がベター。マスクで隠すという方法もありますよ。

医療脱毛後のスキンケアはどうすれば良い?

医療脱毛では、施術後の下記の行為はNGです。

  • 入浴(シャワーはOK)
  • 顔のマッサージ(エステもX)
  • 日焼け
  • 運動
  • 飲酒

施術後は誰でも若干の肌のほてりや赤みがあります。
血行がよくなるような行為は症状が悪化するので控えましょう。

ほてりや赤みは、冷却パックなどで冷やすとすぐにおさまります。

また、雑菌が入り炎症を起こす恐れがあるので、湯舟につかるのはやめましょう。
肌がとても乾燥しやすくなっているので、保湿ケアは念入りにしてくださいね。

口周りの医療脱毛で照射できないところ

口周りの脱毛では、下記のような所は脱毛できません。

  • ほくろ
  • シミや肝斑、色素沈着
  • あざやキズ
  • 肌荒れ(アトピー)、

色素に反応するレーザーは、ほくろや唇などの色にも反応して、やけどなどトラブルにつながります。

ほくろの施術はシールなどで保護して行われますが、その部分の毛は脱毛できません。


ほくろやあざなどは、色合いや場所によっては照射可能な場合もあります。

照射できるかどうかは医師の判断によるので、まずはカウンセリングで相談してみましょう。

口周りの医療脱毛の黒ごま問題って?その対処法は?

口周りのレーザー施術後、黒ごま状の点々が残る場合があります。

黒ごまのように見えている正体は、「照射後の毛」です。

毛が残っているように見えるので、脱毛できなかったのでは?と不安になりますが、毛根はレーザーが当たって破壊されているので心配いりません。


毛の生え替わりのように、この黒ごま状態の毛も肌のターンオーバーで自然に出てくるので、気長に待ちましょう。

無理にほじくり出すとかって肌を痛めてしまうのでオススメできません。

まとめ

いかがでしょうか?
少しは口周りの医療脱毛に関する不安や疑問は解消されましたでしょうか?


口周りの医療脱毛は回数も少なく、比較的安く行うことができます。

また心配な痛みに関しても、狭い範囲であり、麻酔等の対応や最近では痛みの少ないレーザーもありますので、そこまで心配はいらないでしょう。

効果の高い医療脱毛で、口周りをスッキリさせて、美しいお肌をゲットしましょう!

↓無料カウンセリングで相談しやすい。オススメクリニックはこちら